近世大名家の権力と領主経済 - 吉村豊雄

吉村豊雄 近世大名家の権力と領主経済

Add: fycej4 - Date: 2020-11-22 10:18:51 - Views: 6003 - Clicks: 2661

『棚田の歴史』 の詳細情報です。isbn:。棚田の貴重な文献資料が残る通潤橋・通潤用水と白糸台地の棚田開発の歴史をつぶさにたどり、農民の生活をリアルに再現する。. 近世大名家の権力と領主経済: 清文堂 函 著者献呈署名のうち宛名をペーパーで消した痕有 A5 489: 吉村豊雄: 平13: 1冊: 8500: 78: 肥後国検地諸帳目録 熊本県立図書館架蔵: 熊本史学会 背傷み 少書込み有 A5 111: 熊本史学会編: 昭29: 1冊: 5000: 79. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):熊本大学,大学院人文社会科学研究部(文),名誉教授, 研究分野:日本史,日本史, キーワード:地域社会,政策形成,稟議制,日本史,地方行政,村社会,合議,公共性,大名,藩財政, 研究課題数:12, 研究成果数:46. 永正の錯乱(えいしょうのさくらん)は、永正4年(1507年)に室町幕府 管領 細川政元が暗殺されたことを発端とする、管領細川氏(細川京兆家)の家督継承をめぐる内訌である。 背景には京兆家を支えてきた内衆などの畿内の勢力と政元の養子の一人細川澄元を擁する阿波の三好氏などとの. 1 共編3 関連項目4 参考来歴佐賀県唐津市生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。福岡工業大学講師、熊本大学文学部助教授、教授。. 4 。 NDC9 版:219. 「近世大名家の権力と領主経済」(吉岡豊雄著)の「初期大名家の隠居体制と藩主権力」の中でに詳しく触れられている。 当時、隠居していた忠興に付けられた家臣は、忠興の居城地にちなみ、「中津衆」と呼び、これに対し、藩主・忠利の下に構成された家臣を「小倉衆」と言っていた。. 近世大名家の養子相続に関する一考察-加賀前田家の養子選定問題と勝興寺 『近世社会史論叢』 千葉 拓真: 加賀藩における京都情報と有職知の収集-「有職方」平田内匠家を事例に: 古文書研究75: 戸森 麻.

将軍権力と近世. ある方から先祖附に記されてあるという、「在宅」の意味についてお尋ねを受けた。熊本大学の吉村教授の著書から引用してご返事を差し上げた。つまり「勝手不如意の家に対し、城下を離れて知行地に居住させ、軍役・奉公の大幅免除を受けて家内整理をして自力更正を促す」というもので. 研究者「八木 直樹」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。. 百姓たちの戦争(歴史ルポルタージュ 島原天草の乱〈第1巻〉) 全集叢書の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 吉村豊雄著『日本近世の行政と地域社会』 日比佳代子 : 後藤敦史著『開国期徳川幕府の政治と外交』 奈良勝司: 声 明 「慰安婦」問題に関する日本の歴史学会・歴史教育者団体の声明: 例会・部会・委員会ニュース 『日本史研究』年発行号(629~640号)総. 3 。 ページと大きさ 。 11,420p/22cm 。 件名 。 熊本県-歴史 。 阿蘇山 。 阿蘇神社 。 分類 。 NDC8 版:219.

潜伏キリシタン村落の事件簿(歴史ルポルタージュ 島原天草の乱〈第3巻〉) 全集叢書の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 4 。 ISBN 。. ユーザーレビュー|近世大名家の権力と領主経済|書籍, 本情報|哲学・歴史・宗教|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!.

『近世大名家の権力と領主経済 』吉村豊雄 ¥14,040(本体¥13,000) (清文堂出版)(/08) 著作目録一覧へ ・ uwasano「楽しい読書日記」トップへ ・ 「コトバンク」で人名検索(「著作目録一覧. 大名家臣の一族 京極氏家臣 近世大名となった京極高次家などには、松井姓の家臣が散見される。清和源氏・源維義(松井冠者)を祖とする松井氏の一系統が近江国宇多源氏・佐々木氏の幕下層となっていた。. 近世中期大名家における正室と側室 ―秋田藩佐竹家を事例に― 清水 翔太郎. 近世後期の熊本藩では、領内全体で五一の手永が存 は、惣庄屋の執務機関として手永会所が置かれていた。領地に匹敵する規模を誇った。手永の経済的中心地に石高は平均約一万五〇〇〇石におよぶなど、小大名の在した。. 吉村豊雄 1948年佐賀県. 近世後期八戸藩の豪農による書物受容の特質 ―淵沢円右衛門定啓の場合― 鈴木 淳世. 藤井 崇著『室町期大名権力論』 山田 徹: 86(576) 吉村豊雄著『日本近世の行政と地域社会』 野尻 泰弘: 95(585) 足立啓二著『明清中国の経済構造』 上田 裕之: 100(590) 甚野尚志・踊共二編著『中近世ヨーロッパの宗教と政治. 天文年間前半における大内氏と大友氏の抗争について.

豊臣秀頼 (歴史文化ライブラリー) 福田 近世大名家の権力と領主経済 - 吉村豊雄 千鶴; 214. 著書に「近世大名家の権力と領主経済. The Socio-Economic History Society NII-Electronic Library Service The rYSoclo −Economlc Hlst 二〇 Soclety r社会経済史学』80−2(年8月) 國 幕末期旗本財政の変容と地域経営 酒井 一 輔 本稿は,幕末期における領主財政と地域社会との交錯,それに伴う領主財政の変容の歴 史的意義につ いて. 近世阿蘇宮祭祀の歴史的特質 89-142 松本 恵/著 阿蘇山火口をめぐる近世期の宗教構造. 近世阿蘇宮祭祀の歴史的特質 / 松本/恵‖著(マツモト,メグミ) ; 阿蘇山火口をめぐる近世期の宗教構造 / 池浦/秀隆‖著.

5 税込,300 日本書籍総目録有 E-mail: 吉村 豊雄(よしむら とよお、1948年(昭和23年) - )は、日本史学者、熊本大学名誉教授。専門は日本近世史。目次1 来歴2 著書2. 五十嵐書店 〒東京都新宿区 西早稲田3丁目20-1 Stonewallbldg1F,BF1. Affiliation (based on the past Project Information):熊本大学,大学院人文社会科学研究部(文),名誉教授, Research Field:Japanese history,Japanese history, Keywords:地域社会,政策形成,稟議制,日本史,地方行政,村社会,合議,公共性,大名,藩財政, of Research Projects:12, of Research Products:46. 著書に『近世大名家の権力と領主経済』『幕末武家の時代相—熊本藩郡代 中村恕斎日録抄—』(ともに清文堂出版)、『藩制下の村と在町』(一の宮町)など。最新作に『天草四郎の正体』(洋泉社新書、年)がある。.

特集にあたって. 野口朋隆著『近世分家大名論―佐賀藩の政治構造と幕藩関係―』 年度九州史学研究大会発表要旨. 近世中後期の地域社会と村政 フォーマット: 図書 責任表示: 冨善一敏著 出版情報: 東京 : 東京大学日本史学研究室, 1996 形態: 321p ; 26cm シリーズ名: 東京大学日本史学研究叢書 ; 4 著者名: 冨善, 一敏 書誌ID: BN14629783. 藩主帰国時のお目見の宇土町役人(慶安5年) 吉村豊雄作成『新宇土市史』資料編第3巻 近世294号による 表6-3 宇土町の在御家人(明治2年) 吉村豊雄作成『宇土市史研究』第25号による. 学) 29』、『近世大名家の権力と領主経済』、『一の宮町史 藩政下の村と在町』『幕 末武家の時代相〈上・下〉―熊本藩郡代中村恕斎日録抄』、共著に『熊本藩の地域 社会と行政 近代社会形成の起点』など多数。 1961年、熊本市生まれ。.

戦国大名の土木事業 (戎光祥中世史論集6). 近世初期の大名権力と「走り者」返還 豊前細川氏と周辺大名について 宮崎克則 九州文化史研究施設発行 熊本藩における宝暦地引合について 松本寿三郎 熊本大学文学会・文学部論叢書37号 近世細川家における「御書出」の交付について. 日本近世の行政と地域社会 (歴史科学叢書) タイトルヨミ: ニホン キンセイ ノ ギョウセイ ト チイキ シャカイ 責任表示: 吉村/豊雄∥著: 責任表示ヨミ: ヨシムラ,トヨオ: シリーズ名: 歴史科学叢書: 出版地: 東京: 出版者: 校倉書房: 出版年月. 吉村 豊雄 /編.

近世大名家の権力と領主経済 吉村豊雄/清文堂出版 /08出版 489p 22cm ISBN:NDC:210. 細川家文書中の初期の文書群は、武士領主の集団(一揆)たる大名家の組織が幕藩体制成立期に近世的容貌を呈し始め、政治単位として確立されるまでの過程を、段階的に把握することを可能とさせる稀有の歴史資料群であり、これらを解析・提示することで、当該課題に係る研究状況を大きく. 近世大名家の権力と領主経済: 吉村豊雄: 清文堂出版:リチャード・ルビンジャー:渡辺信夫歴史論集近世史: 朝鮮儒学史の再定位 十七世紀東アジアから考える: 姜智恩: 東京大学出版会: 閲覧室. 中近世の領主支配と民間社会 吉村豊雄先生ご退職記念論文集/稲葉 継陽/花岡 興史/三澤 純(歴史・地理・民俗) - 吉村豊雄先生の定年退職を記念した論文集。自立的で対立しあっていた中近世の在地領主制が、いかにして大名家という組織にまとまり、統治権力化・政治.

吉村 豊雄 略歴 〈吉村豊雄〉1948年生まれ。熊本大学文学部教授。著書に「近世大名家の権力と領主経済」などがある。 〈春田直紀〉1965年生まれ。熊本大学教育学部准教授。. 博士(文学)。専門は日本近世史。現在、熊本大学文学部歴史学科教授。著書(単著)『近世大名家の権力と領主経済』(清文堂、年)、『日本近世の行政と地域社会』. 四ヵ月にわたる一揆の過程を、幕藩領主側との武力による戦い、つまり「戦争」として描くとともに、島原天草地域の領主である松倉家・寺沢家の家臣が牢人となり一揆の企てに加わったという、知られざる一揆蜂起へのシナリオを明らかにする。一揆首謀者の企てが島原藩領・天草領での一揆.

と構造』 (吉川弘文館'二〇〇〇年)0大学出版会、二〇〇三年)。根岸茂夫『近世武家社会の形成二〇〇一年)。磯田通史『近世大名家臣団の社会構造』 (東京八年)。吉村豊雄『近世大名家の権力と領主経済』 (清文堂'1・f・モリス 『近世日本知行制の研究』 (清文堂'一九八九七年)。同『藩国と藩輔. 一八世紀の検見制度改革と藩領社会 ―仙台藩を事例に― 高橋 陽一. 5 税込,300 日本書籍総目録有 18. 近世大名家における諫言の実態──仙台藩一門衆の諫言を素材に──: 日本歴史604: 吉田 ゆり子: 近世における「国人領主」と旧臣・「本貫地」 史料館研究紀要29: 吉村 豊雄: 近世後期の地方知行制と知行割替: 日本史研究429: 劉 美鳳. 吉村/豊雄‖編(ヨシムラ,トヨオ). 吉村/豊雄‖編 (ヨシムラ,トヨオ) 。 春田/直紀‖編 (ハルタ,ナオキ) 。 出版者 。 清文堂出版/大阪 。 出版年 。. 吉村豊雄・三澤 純・稲葉継陽編『熊本藩の地域社会と行政』(思文閣出版、 年) 吉村豊雄『近世大名家の権力と領主経済』(清文堂、 年) Author. 29 三宅正浩 近世大名家の政治秩序 〇村井章介 中世史研究の旅路佐藤博信 中世東国の権力と構造 〇吉村豊雄 日本近世の行政と地域社会 〇備考(公費請求のご希望など):.

近世大名家の権力と領主経済 - 吉村豊雄

email: eloquq@gmail.com - phone:(428) 592-3655 x 6133

看護学入門<第4版> 成人看護1 - 小林寛伊 - ここから出して ダルデンヌ

-> 四国中央市(西部) 2004
-> ほんがすき! - デ-ヴィッド・M・マクファイル

近世大名家の権力と領主経済 - 吉村豊雄 - 東京理科大


Sitemap 1

逝った妻が私を甦らせてくれた - 長野忠雄 - 我が驍勇にふるえよ天地 アレクシス帝国興隆記